若者の街下北沢を徹底リポート


by g2d0mgyyyt
 宮崎県都城市高崎町の牛農家で9日に口蹄疫に感染した疑いのある牛3頭が見つかった問題で、3頭から採取した検体が口蹄疫ウイルスを調べる遺伝子検査の結果、陽性だったことが判明した。

 農林水産省幹部が10日、明らかにした。

 同市によると、この農家が飼育していた全250頭の牛は殺処分された。

Jパワー子会社から1270万詐取=容疑で元総務部長代理再逮捕―警視庁(時事通信)
老齢加算廃止は「違法」=生活保護で原告逆転勝訴―福岡高裁(時事通信)
元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
<ウアルカイシ氏>不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
<蓮舫・行政刷新相>鍛えた直言 田原総一朗さんも太鼓判(毎日新聞)
[PR]
# by g2d0mgyyyt | 2010-06-16 17:07
 4日午前4時40分ごろ、神戸市垂水区桃山台4の市立桃山台中学校の校舎から出火。鉄筋(一部木造)4階建ての2階の教室で木製棚(高さ1メートル)や壁、天井など計約35平方メートルを焼き、午前6時すぎに消えた。火の気はなく、兵庫県警垂水署は不審火とみて調べている。

 同署によると、焼けたのは3年生の教室。棚の中心付近から出火したとみられるという。2〜4階の廊下や教室の窓ガラス20〜30枚も割られていた。同校は3日午後9時半以降は無人で、校舎1階の数カ所の入り口が無施錠だったという。

 先月21日にも同校校舎の窓ガラス9枚が割られているのが見つかった。【金森崇之】

【関連ニュース】
ドン・キ放火:従業員遺族の請求棄却…消防職員に過失なし
放火:自宅に火をつけた83歳の男逮捕 北海道・旭川
鴻臚館跡事務所火災:連続放火の疑い 付近で5件の不審火
放火:銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形
ドン・キホーテ放火:損賠訴訟 従業員遺族の請求棄却−−さいたま地裁

<菅首相>官房長官に仙谷氏、幹事長に枝野氏起用へ(毎日新聞)
民主支持回復29%、辞任評価69%…読売世論調査(読売新聞)
被害総額は21億円か 未公開株代金詐取容疑で7人再逮捕(産経新聞)
菅首相 90歳「師匠」楢崎弥之助さんがエール(毎日新聞)
続投強調「頑張るの一点」=鳩山首相(時事通信)
[PR]
# by g2d0mgyyyt | 2010-06-07 17:55
 皇太子さまは26日、国連大学(東京都渋谷区)で開かれた「2010年アフリカ・デー・シンポジウム」に出席し、「気候変動の脅威から、アフリカの雄大な自然環境とそこに住む人々の生活環境を守ることは、世界の人々に共通に課せられた重要な課題」とお言葉を述べられた。

<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
首相動静(5月22日)(時事通信)
福井新聞記者を逮捕、DVDソフト複製し販売(読売新聞)
連立離脱か残留か、悩む社民…普天間問題(読売新聞)
同級生を金づちで殴打=中3女子生徒を逮捕―岩手県警(時事通信)
[PR]
# by g2d0mgyyyt | 2010-05-28 18:10
 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、5月3-9日の週は0.08で、前週より0.09ポイント減り、2週連続で減少したことが14日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。警報レベルを超えた保健所地域はなく、注意報レベルのみを超えた保健所地域も4週ぶりになかった。

【インフルエンザ定点あたり報告数詳細】


 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、佐賀(0.59)が最も多く、次いで山口(0.47)、広島(0.30)、岡山(0.25)、岐阜(0.23)などの順だった=表=。

 インフルエンザウイルスの分離・検出状況を見ると、新型の検出数が減少する一方、A香港型、B型は継続的に報告されている。3月22日-4月25日の5週間に報告された86件では、新型52.3%、A香港型10.5%、B型37.2%だった。


【関連記事】
全国一律の対策に批判相次ぐ―新型インフルの「医療体制」を検証
インフル定点が微減
新型の傾向に変化なし―厚労省が疫学情報を更新
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議
妊婦の抗ウイルス薬投与で副反応調査へ―新型インフルで日産婦学会

<ナンジャモンジャ>瑞浪・神明神社で満開 雪が積もったような幻想的風景(毎日新聞)
元公認会計士を逮捕=30億円横領容疑―警視庁(時事通信)
大阪府警運転免許課主任が酒気帯び、事故起こし逮捕(産経新聞)
<特別民間法人>天下り横行 常勤役員130人の半数占める(毎日新聞)
村井・長野県知事、8月の知事選不出馬を表明(読売新聞)
[PR]
# by g2d0mgyyyt | 2010-05-20 06:59
 中国産ワカメを鳴門産などと偽って販売したとして、徳島県警は9日、同県鳴門市の水産物加工販売業「マルナガ水産」の前社長伊藤五百里(いより)容疑者(70)を不正競争防止法違反(誤認惹起(じゃっき))容疑で逮捕した。

 発表によると、伊藤容疑者は2009年1月上旬から6月下旬にかけて、中国産ワカメ約470トンを「生鳴門産わかめ」などと記載した袋に詰め、大阪市内の卸売会社に約7300万円で売った疑い。ワカメは全国の44都道府県の小売店などで販売された。

 県は昨年7月、マルナガ水産が計458トンを産地偽装したとして、日本農林規格(JAS)法に基づく改善指示を行い、県警も事務所などを捜索していた。県警は、同社がほかにも県内外の約30社に「偽装ワカメ」を販売したとみている。

辺野古修正案、自民も検討を=石破氏(時事通信)
<桑原武夫学芸賞>坪内稔典さんに決まる(毎日新聞)
元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)
<山陽道・車炎上>死者は岡山の運転手と大阪の会社員2人か(毎日新聞)
首相動静(5月11日)(時事通信)
[PR]
# by g2d0mgyyyt | 2010-05-12 22:55